増田法律事務所ブログ

2012.12.12更新

大阪市北区西天満 増田法律事務所 弁護士増田勝洋のブログ

先日ノーベル賞の授賞式が行われていましたが、その山中教授の「山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた」(講談社)という本を読んでみました。

教授がインタビューに答えながら、自らのこれまでの研究生活や人生、iPS細胞の発見に至る経過を振り返っていくという内容ですが、対話形式ですので読みやすく、科学的な知識のない私にも十分理解できる大変わかりやすいものでした。

研究の世界では、仮説を立てそれを証明するために実験を重ねるわけですが、失敗するは当たり前の世界です。
ところが、その失敗の中に目的とは異なるけれどももっと重要な事実が隠れていたりするわけで、そこを見逃さずに気付けるか、そこから推理して新たな仮説を組み立てられるかが問われます。
それから、また実験を繰り返していく、その際のハードワークを厭わない姿勢、情熱が、山中教授の場合はとりわけすごいです。
また、研究には多額の金銭が必要になるわけで、援助を引き出すためのプレゼンの能力も研究者には必要とされます。
次元は異なりますが、弁護士も「情熱」「ハードワーク」「プレゼン力」は必ず必要な部分ですので、その意味でも非常に参考になりました。

また、本書は読み物としても面白く、競合する研究グループとの間で研究成果を科学雑誌に発表するタイミングを競い合う場面など、まるでサスペンス映画を見ているような感覚で読めました。
iPS細胞や山中教授に興味のある方がおられたら是非ご一読をお勧めします。

投稿者: 増田法律事務所