交通事故

交通事故問題について

「交通事故」が発生した場合、通常、被害者は加入している保険会社に連絡をし、その後、保険会社の担当者が被害者に連絡することで賠償金額の交渉が開始されます。
この場合、被害者の多くは保険会社から提示された賠償金額をそのまま受け入れ、終わりになることがほとんどです。
しかし、その金額に対して「これは妥当な金額なのか?」と少しでも疑問に思ったら、すぐに弁護士に相談するようにしてください。事故の規模や状況、また被害者の方の損傷などを鑑みて、それに見合ったものが得られるようにサポート致します。

交通事故の損害賠償

傷害事故により後遺症が残ってしまった場合には、次の①~⑤の合計金額になります。

① 治療関連費
治療費、入院費、通院交通費、付添看護費・装具代など

② 休業補償
事故により減少してしまった収入に対する補償金

③ 入通院慰謝料
入通院により生じる精神的苦痛に対する補償

④ 後遺障害逸失利益
交通事故によって後遺症が生じた場合における、今後予想される収入の減少分に対する補償

⑤ 後遺障害慰謝料
交通事故の後遺症によって生じた精神的苦痛に対する補償

交通事故問題を弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼することで、ご自身が被った被害が客観的にみて賠償金額に見合うものなのか?あるいは事故の責任の割合は本当に正しいのか?そうしたことを判断してもらうことができます。
保険会社に「事故の過失割合は五分五分」と言われても、事故の状況によっては納得することができない場合もあります。しかし、個人で加害者や保険会社と交渉しても、なかなか上手くはいきません。

しかし、弁護士がいればそうしたことも代わりに対応しますので、保険会社に言われるがまま手続きすることなく、納得いくまで交渉することができます。

さらに、今は、保険の契約に弁護士費用の特約が付いていることもあり、弁護士に依頼しやすい状況にありますので、交通事故に遭われた際には、ぜひ一度大阪市北区西天満にある当法律事務所の弁護士までご連絡ください。