不動産トラブル

不動産トラブルについて

不動産にまつわるトラブルのうち、よくあるのが「土地の貸し借りでのトラブル」や「不動産の売り主と買い主の間で起こるトラブル」などです。
これらは契約を結ぶ際の説明が不十分であったり、また契約書が交わせていなかったことなどが原因で起こることが多いのですが、こうしたトラブルをご自身で解決しようとしても、法知識が不足しているためスムーズに解決することができなかったり、またご自身が望む形に解決することができない場合があります。
ですから、不動産にまつわるトラブルでお困りの際は、弁護士の法知識を利用して解決を図ることをおすすめします。

不動産トラブルを弁護士に依頼するメリット

たとえば、あなたがこれから家を購入しようとしていたとします。「家を買う」ということは一生のうちにそう何度もあることではありません。ですから、それに伴うトラブルはできる限り未然に防がなければいけませんが、「購入前に一度弁護士に相談する」これだけでも防ぐことのできるトラブルはたくさんあります。

「注文住宅を購入したけど、思い通りの仕上がりにならなかった」
こうしたトラブルも、事前に弁護士に相談していれば、「最初の設計段階で、相手の業者と密に連絡を取った方がいいですよ」そうしたアドバイスを受けることで防ぐことができます。

また、実際にトラブルが起きた時も、速やかな解決のために弁護士の存在は非常に有効です。業者と購入者が揉めた時には、不動産に関する知識を持っていることから、どうしても業者の方が有利になりがちです。しかし、間に弁護士を立てることで、法的な観点からこちらの要求を通すこともできますし、また、自分では相手に伝えにくい内容も弁護士を通じて具体的に伝えることができ、よりあなた望む形での解決をはかることができるようになります。
大きな問題に発展する前に大阪市北区西天満にある当法律事務所の弁護士までご相談ください。